行動経済学研究センター Research Center for Behavioral Economics

社会経済研究所は、これまでの行動経済学・実験経済学研究の実績を踏まえて、21世紀COEプロジェクト(本学大学院の経済学研究科・人間科学研究科・国際公共政策研究科・基礎工学研究科との共同)を主体として平成16年4月から本研究所に附属行動経済学研究センターを設置しました。行動経済学研究センターは、日本で初めての行動経済学研究の拠点です。

当センターには、専任教員、外国人研究員、特任研究員(ポスト・ドクター)を配置し、さらに関係部局からの兼任教員が参加しています。

平成16年から、年に一度、新しい学問分野である行動経済学の現実経済への有用性や魅力を一般に紹介することを目的に、「人々の心理と経済行動」「脳科学と経済学の対話」といったテーマでシンポジウムを開催し、毎回数多くの方々に参加頂いています。
平成18年8月 第3回シンポジウム「経済学は実験できるか」
平成19年8月 第4回シンポジウム「ダイエットと経済学」
平成20年8月 第5回シンポジウム「自信過剰を経済学する」
平成21年8月 第6回シンポジウム「行動経済学と不況対策」
平成22年8月 第7回シンポジウム「結婚と出産の経済学」
平成23年8月 第8回シンポジウム「行動経済学で地震に備える」
平成24年8月 第9回シンポジウム「文化と経済」
平成25年8月 第10回シンポジウム「医療現場と行動経済学」
平成26年8月 第11回シンポジウム『子を育てる -経済学の視点-』
平成27年8月 第12回シンポジウム『小説の中の経済学』
平成28年8月 第13回シンポジウム『スポーツの経済学』
が開催されました。

また、平成19年2月には行動経済学国際コンファレンスを開催しました。

連絡先

〒567-0047 大阪府茨木市美穂ヶ丘6-1 大阪大学社会経済研究所
附属行動経済学研究センター
TEL: 06-6879-8572
FAX: 06-6879-8583
メール:rcbe-admin@iser.osaka-u.ac.jp